ツェルマット2日目☆チェルビニア

DSC05494

天候:晴れ

最高気温:11度

最低気温:-4度

 

みなさんこんにちは。

今日は快晴。混みあったゴンドラとロープウェイに乗ってマッターホルングレイシャーパラダイスまでやってきました。久々に?スムーズにチェルビニア入りできそうです。

 

DSC05498

さっそく滑走開始。3800mとは思えない暖かさ。気温は-8度ほどだったようですが、強い日差しのお陰で暑いくらいの陽気でした。

 

DSC05499

DSC05504

チェルビーノも完ぺきな佇まいです。

 

チェルビニアでは毎週恒例ダマリオでランチ。

DSC05502

DSC05501

毎週食べても飽きない美味しさ!

 

DSC05505

いつもの国境はイタリア語表記ですが、反対側にはドイツ語表記の看板もひっそりとあります。

国境を越えてツェルマットに戻りました。

お天気と絶景に恵まれたチェルビニア遠足でした。

明日もまたイタリア予定です。

 

久田めり

カテゴリー: ツェルマット | コメントをどうぞ

グリンデルワルト5日目☆クライネシャイデックとウェンゲン

IMG_4593_R

天気:曇り のち 晴れ
最高気温:8℃
最低気温:1℃
積雪量:ウェンゲン 190cm
積雪量:シルトホルン 450cm

皆さん、こんにちは。グリンデルワルトから現地ガイドの河野です。

本日は、午前中にユングフラウヨッホ観光に行かれたお客様が多く、3名のお客様とクライネシャイデックまで行き、

IMG_4538_R

早速スキー滑走の方をスタート。

IMG_4539_R

アイガーはまだこんな感じでしたが、

IMG_4540_R

そのアイガーをバックにするブラックコース(上級)にもトライ。

IMG_4543_R

こんな岩の横を滑り下りて、

IMG_4544_R

中々滑りごたえのあるコースです。

IMG_4545_R

さて、雪面が緩んできたのを待って、本日もやって来ました、ワールドカップ・ダウンヒルコースのスタート小屋。

IMG_4547_R

では、早速行きましょう!

IMG_4549_R

スタート直後はこの様に旗門がセットされていて、レース気分を体験出来ます。

IMG_4551_R

ユングフラウ三山はバックに見えませんが、皆さんをパチリ。

IMG_4552_R

この後、ワールドカップのダウンヒルで最大スケールのコースが続きます。

IMG_4553_R

先ずは、谷に落ちて行く様なコースがあり、

IMG_4554_R

本日は視界が悪いので慎重に滑り下りました。

IMG_4555_R

そして、このコース最大の見所と言えるフントショフの大ジャンプと言われる地点が見えてきて、

IMG_4556_R

この先から、選手の皆さんは飛んで行きますが、

IMG_4557_R

我々は安全第一。

IMG_4559_R

眼下に線路が見えてきて、ここから右に大きくカーブ、

IMG_4560_R

狭いコースを滑り下りて、

IMG_4562_R

この先は、再び大きく右にカーブ、

IMG_4561_R

90°近いカーブですが、選手の皆さんは相当なスピードで曲がり切るのでしょう。

IMG_4563_R

この辺りから樹林帯に入ってきて、

IMG_4564_R

細いコースの後、

IMG_4565_R

こちらも見所、ウェンゲンアルプ鉄道のトンネル、

IMG_4566_R

選手の皆さんは、ここをクローチングで通りますが、

IMG_4567_R

我々は楽しく安全に。

IMG_4568_R

この後、幅広いコースになり、

IMG_4571_R

中斜面で気持ちの良いバーン。

IMG_4573_R

ダウンヒルコースは最後、こちらに滑り込んで行きます。

IMG_4574_R

さて、我々は楽しくウェンゲンに向けて進み、

IMG_4575_R

集落を滑り抜けていると、なんか臭いがしてきて、

IMG_4576_R

牛さんでしたか~。

IMG_4577_R

そして、遂にウェンゲンのコース最終地点に到着。

IMG_4578_R

達成感に浸る皆さんをパチリ。

IMG_4579_R

ウェンゲン駅が見えてきて、

IMG_4580_R

とても雰囲気の良い駅です。

IMG_4582_R

そこから電車に乗って、

IMG_4583_R

クライネシャイデック駅到着後、ユングフラウヨッホ観光に行かれるお客様をお見送り。

IMG_4584_R

シュトループ式のラックレールを用いたユングフラウ鉄道の列車に乗って、

IMG_4585_R

ユングフラウヨッホに行ってらっしゃ~い。

IMG_4587_R

では、スキー滑走されるお客様と、アイガーをバックに滑り出し、

IMG_4592_R

幅広い中斜面を気持ち良くスキー滑走、

IMG_4595_R

雲がかかっているアイガーをバックに滑り下り、

IMG_4598_R

貸し切り状態のコースをドンドン下って、

IMG_4600_R

最後はアイガーをバックに滑り下りて、

IMG_4601_R

ヴェッターホルンをバックにするブランデック駅に到着。

IMG_4602_R

雪面が見えにくい時もありましたが、本日のスキー滑走、お疲れ様でした!

IMG_4604_R

明日はスキー滑走最終日、お待ちかねのシルトホルン遠足です!

カテゴリー: グリンデルワルト, スイス | コメントをどうぞ

ツェルマット1日目☆ゴルナーグラート

DSC05484

天候:晴れ

最高気温:6度

最低気温:-1度

 

みなさんこんにちは。

4月に入りツェルマットも春らしさがあちこちで見られるようになりました。

 

今日は昨晩到着されたお客様と一緒にゴルナーグラートへ行ってきました。

DSC05485

まずまずのお天気。マッターホルンは半分ちょい。

まぶしいくらいの日差しで3000mにいてもポカポカ陽気でした。

DSC05489

モンテローザに会うのも久しぶりな感じです。先週後半は雲が多いお天気でしたので、ここまで青空が広がると気持ちいいですね。

 

DSC05487

ランチ後にシュバルツゼーで集合写真。今週はスキーをされない方がいらっしゃいましたが、ゴンドラ等の乗り物がとても充実しているので、レストラン次第ではお昼に合流もできますよ。このころにはすっかり雲もどいてくれました。

 

DSC05488

イースターも終わり、混雑はだいぶ落ち着いてきました。

標高の低いエリアでは春のザクザク重い雪になっていますが、標高の高いエリアではまだまだいいコンディションで楽しめます!

 

DSC05491

フルグザッテルは人気なコースだけあって、午後には荒れ荒れでした。

 

DSC05486

いいスタートが切れました!明日はチェルビニアに行ってきます!

 

久田めり

カテゴリー: ツェルマット | コメントをどうぞ

グリンデルワルト3日目☆ウェンゲン

IMG_4516_R

天気:曇り のち 晴れ
最高気温:13℃
最低気温: 3℃
積雪量:ウェンゲン 195cm
積雪量:フィルスト 315cm
積雪量:シルトホルン 476cm

皆さん、こんにちは。グリンデルワルトから現地ガイドの河野です。

先ずは、グリンデルワルト駅からクライネシャイデック行きの電車に乗って、

IMG_4449_R

標高2061mのクライネシャイデック到着後、ラウバーホルンのリフトに乗って、

IMG_4451_R

早速スキー滑走の方をスタート。

IMG_4453_R

アイガー・メンヒに向かって滑り下りてから、

IMG_4454_R

早速、ワールドカップ滑降コースを体験してみましょう。

IMG_4457_R

標高2315m地点のスタート台に入って、

IMG_4458_R

アルペンレーサーになった気分でスタート!

IMG_4463_R

IMG_4465_R

IMG_4469_R

皆さん、気分はまさにダウンヒルレーサーです。

IMG_4474_R

IMG_4476_R

IMG_4479_R

スタート直後の滑り出し斜面の後、こちらの45番ブラック(上級)コースを進みます。

IMG_4480_R

本日は生憎のお天気でしたが、数あるワールドカップ会場の中でも最も美しいリゾートと言われるウェンゲン、

IMG_4481_R

そのウェンゲンに向けてドンドン滑り下りて行きます。

IMG_4482_R

途中には、こんな狭いコース、

IMG_4483_R

しかも岩の横、

IMG_4484_R

ワールドカップレーサーは飛んで行くのでしょうが、我々は慎重に滑り下りて行きます。

IMG_4485_R

IMG_4488_R

眼下には電車も通過するこのコース、

IMG_4489_R

振り返ると迫力の氷河、

IMG_4490_R

細い林間コースを通った後、

IMG_4491_R

ウェンゲンのダウンヒルコース名物、登山電車トンネル、上から見ると針の穴にしか見えないこの狭いトンネルを命知らずのダウンヒラーたちはクローチングを組んで躊躇なく突っ込んで行きますが、

IMG_4492_R

我々は安全第一です。

IMG_4493_R

楽しませてくれる要素たっぷりのこのコース、

IMG_4494_R

皆さん、ワールドカップコースを無事に滑り下りました。

IMG_4497_R

さて、ウェンゲンの街が見えてきて、

IMG_4498_R

そのウェンゲン駅まで滑り込み、

IMG_4499_R

ウェンゲンの街を少し散策。

IMG_4500_R

観光局にも立ち寄って、

IMG_4501_R

お隣では、昨日で冬の営業が終了したメンリッヘン行きロープウェイの取り外し作業が行われておりました。

IMG_4502_R

こちらは雰囲気の良い教会、

IMG_4505_R

中にも入ってみて、

IMG_4506_R

教会の外は写真撮影ポイント、

IMG_4510_R

眼下にはラウターブルンネンの谷、

IMG_4507_R

教会近くでは、春の訪れも感じました。

IMG_4509_R

ランチをお馴染みのこちらのレストランで頂いた後、

IMG_4508_R

ウェンゲン駅から電車に乗って、

IMG_4511_R

クライネシャイデック到着後、ユングフラウヨッホ行きの電車を見送ってから、

IMG_4512_R

午後のスキー滑走をスタート。

IMG_4513_R

リフトに乗りながら、

IMG_4514_R

色々なコースをスキー滑走。

IMG_4515_R

気温は13℃と言うことで、

IMG_4517_R

リフト乗車中も春の陽気、

IMG_4519_R

アイガー北壁や、

IMG_4521_R

アイガー氷河を見つつ、

IMG_4522_R

幅広い斜面をスキー滑走、

IMG_4525_R

最後はドンドン下に滑り下りて、

IMG_4528_R

アイガーをバックに、ブランデック駅横を通過、

IMG_4532_R

今度はヴェッターホルンに向かって、

IMG_4534_R

遂にグルントまで滑り下りて、本日のスキー滑走は終了、お疲れ様でした!

IMG_4535_R

ウェンゲンのワールドカップコース、とても楽しめるコースでお勧めです!

カテゴリー: グリンデルワルト, スイス | コメントをどうぞ

グリンデルワルト2日目☆フィルストとメンリッヘン

IMG_4422_R

天気:晴れ のち 曇り
最高気温:12℃
最低気温:-4℃
積雪量:ウェンゲン 195cm
積雪量:フィルスト 315cm
積雪量:シルトホルン 476cm

皆さん、こんにちは。グリンデルワルトから現地ガイドの河野です。

先ずは、ホテル・ユングフラウロッジ前のバス停に集合して、

IMG_4394_R

ヴェッターホルンをバックにするフィルストゴンドラ乗り場前までバスで移動、

IMG_4395_R

ゴンドラに乗ってフィルスト(2168m)に到着。

IMG_4399_R

左のヴェッターホルン(3692m)、右のシュレックホルン(4078m)とも雲がかかっておりましたが、

IMG_4398_R

そのヴェッターホルンをバックに移動して、

IMG_4400_R

こちらのリフトに乗車、

IMG_4401_R

標高2500mに到着後、ミッテルレギ稜線のナイフリッジが際立つアイガーをバックに皆さんをパチリ。

IMG_4402_R

早速スキー滑走の方をスタート。

IMG_4403_R

アイガーを横目に滑り下りて、

IMG_4407_R

IMG_4408_R

IMG_4410_R

やはりアイガーをバックにパチリしたくなります。

IMG_4415_R

幅広い緩斜面から中斜面が多く広がるフィルストエリア、

IMG_4416_R

アイガーを正面に見ながらのスキー滑走、

IMG_4421_R

アイガーをバックにスキー滑走、

IMG_4420_R

更にコースも楽しく滑ることが出来ますが、本日が今シーズン最後の営業でした。

IMG_4424_R

さて、午前のスキー滑走を終え、再びフィルストに戻ってから、先ずは記念撮影、

IMG_4425_R

アイガーをバックに、仲良しグループのお三人。

IMG_4427_R

お食事中の皆さんをパチパチパチ。

IMG_4428_R

IMG_4429_R

IMG_4430_R

ランチの後、フィルストからスキー滑走の方をスタート。

IMG_4431_R

少し雪面が緩んできましたが、ドンドン滑り下りて、

IMG_4432_R

バス停まで滑られるお客様をパチリ。

IMG_4433_R

アイガーに向かって、フィルストでの最後のスキー滑走となりました。

IMG_4434_R

さて、場面は大きく変わり、こちらも本日が今シーズン最後の営業となるメンリッヘンに向けてゴンドラに乗車、

IMG_4435_R

標高2230mのメンリッヘン到着後、先ずは滑り台にもなっている牛さんがお出迎え、

IMG_4436_R

ここからは眼下にラウターブルンネンの谷を見下ろすことも出来、

IMG_4437_R

ユングフラウ三山をバックに皆さんをパチリ。

IMG_4438_R

まだ滑り足りないというお客様とアイガーに向かって滑り出し、

IMG_4439_R

最終日となるのが勿体ない程の積雪がある幅広いメンリッヘンのゲレンデをスキー滑走、

IMG_4442_R

最後まで滑られるお客様と、コースに点在する小屋の間を抜け、

IMG_4444_R

最後はやはりアイガーをバックに滑り下りて、

IMG_4446_R

本日で今シーズン最後の営業となる二つのエリアを滑り切りました!

IMG_4448_R

明日は、ワールドカップでもお馴染み、ウェンゲンにも滑り込む予定です。

カテゴリー: グリンデルワルト, スイス | コメントをどうぞ

グリンデルワルト1日目☆クライネシャイデック

IMG_4389_R

天気:曇り
最高気温: 4℃
最低気温:-2℃
積雪量:ウェンゲン 222cm
積雪量:フィルスト 328cm
積雪量:シルトホルン 485cm

皆さん、こんにちは。グリンデルワルトから現地ガイドの河野です。

今シーズン最後のグリンデルワルトツアーがスタート、11名のお客様をグリンデルワルト駅前でパチリしてから、

IMG_4355_R

クライネシャイデック到着後、早速スキー滑走の方をスタート。

IMG_4357_R

アイガーも雲に覆われており、

IMG_4358_R

雪面も見えにくいコンディションでしたが、

IMG_4360_R

アイガーがかなり姿を見せてきたところで、皆さんをパチリ。

IMG_4361_R

リフトにも乗車して、

IMG_4367_R

ちょっと斜度のあるコースにもトライしました。

IMG_4362_R

ランチの後、午後のスキー滑走をスタート。

IMG_4369_R

アイガーをバックに滑り下りて、

IMG_4373_R

リフト乗車中は、そのアイガーを横目に見つつ、

IMG_4374_R

アイガーグレッチャー駅近くから滑り出して、

IMG_4375_R

幅の広い中斜面を滑り下り、

IMG_4378_R

丁度グリンデルワルト行きの電車がゲレンデを横切って行き、

IMG_4383_R

初日のスキー滑走を最後まで楽しみました。

IMG_4384_R

スキー滑走の後は、ヴェッターホルンをバックに、グリンデルワルトの街を少し散策、

IMG_4388_R

こちらは、フェローのグリンデルワルトツアーで多くのお客様が滞在されるホテル ” ユングフラウロッジ ” 、

IMG_4386_R

夕方になってかなり姿を現してきたアイガーを、このホテルからは見ることが出来るんです。

IMG_4391_R

明日は、今シーズン最後の営業となるフィルストエリアのスキー滑走です。

カテゴリー: グリンデルワルト, スイス | コメントをどうぞ

マドンナディカンピリオ6日目ピンゾーロ

本日は滑走5日目、最終日です。
ピンゾーロエリアへ行きました。
お天気はやはり予報の通り、朝から雨まじり、テンションが上がりません。
それでも小雨になった所でホテルを出発し、いつものチンクエラーギのゴンドラで上がりました。

本日の集合写真。(少し雲が晴れ始めました。)
P3301907

人の少ない斜面を滑走中。
P3301919
P3301927

ピンゾーロへ向かう連絡ゴンドラに乗り込みます。
P3301934
P3301939

ピンゾーロは完全な冬景色でした。
P3301940

ランチ時お決まりの乾杯風景。
P3301942

ここのお勧めメニュー、シーフードのイカスミパスタ
P3301943

こんなメニューもあります。パスタ3種盛り合わせ。
P3301944

デザートも頂きました。
P3301945

ランチ後もガスは晴れませんが、頑張って滑ります。
P3301946

最後は茂野元デモの華麗な滑りです。
P3301947
P3301953

後半は天候に恵まれませんでしたが、無事に滑走終了です。
皆様来年はどちらでしょうか?オーストリア?

清水伸明

カテゴリー: マドンナディカンピリオ | コメントをどうぞ

ツェルマット5日目☆サースフェースキー遠足

DSC_2206

積雪量:395cm
最高気温: 4℃
最低気温:-5℃

皆さん、こんにちは。ツェルマット現地ガイドの河野です。

本日は18名のお客様と、” アルプスの真珠 ” と称されるサースフェーに行って参りました。

先ずはゴンドラで、標高3000mのフェルスキンまで上がり、

IMG_4326_R

視界の悪い中でしたが、早速スキー滑走の方をスタート。

IMG_4328_R

雲の中を抜けると視界が開けてきて、

IMG_4329_R

パウダースノーを堪能、

IMG_4334_R

IMG_4335_R

IMG_4331_R

上西班の皆さんは、営業を始めた地下ケーブルに乗って、青空が広がるミッテルアラリン(3500m)へ。

DSC_2200

スキー滑走の方も堪能致しました。

DSC_2202

DSC_2203

河野班の皆さんは、JバーやTバーも使ってのスキー滑走、

IMG_4336_R

IMG_4337_R

午前のスキー滑走を終え、お待ちかねのランチはお馴染みのレストラン、” ラ・ゴルジュ ” です。

IMG_4342_R

雰囲気の良いこちらのレストラン、

IMG_4338_R

上西班の皆さんもレストランに到着。

IMG_4339_R

お食事中の皆さんをパチパチ。

DSC_2209

IMG_4340_R

本日は、カツレツが人気でした。

IMG_4341_R

ランチの後も、標高の高いところは、まだ雲に覆われておりましたが、

IMG_4343_R

青空も見えてきましたので、

IMG_4344_R

皆さん揃ってミッテルアラリンまで上がりましたが、期待に反しての猛吹雪、

DSC_2219

そんな中でも皆さん、午後のスキー滑走をスタート致しました。

IMG_4345_R

氷河の方も、少しですが見ることが出来、

IMG_4346_R

視界が良くありませんでしたが、スキー滑走の方も頑張りました。

IMG_4348_R

眼下にサースフェーの街が見えてきて、

IMG_4349_R

少し厳しいコンディションでしたが、皆さんお疲れ様でした!

IMG_4350_R

本日は雪崩の危険があり、いつもより滑られるコースが制限されており、

IMG_4351_R

その雪崩のため、ツェルマットへはテーシュからの登山電車で戻って来ました。

IMG_4352_R

明日は自由行動日、皆さんにマッターホルンの姿をもう一度見て頂きたいです!

カテゴリー: スイス, ツェルマット | コメントをどうぞ

マドンナディカンピリオ5日目マリレバ&フォルガリータ

本日は滑走4日目、マリレバ&フォルガリータへ行って来ました。
天気予報では朝のマドンナディカンピリオは雨の予報が出ておりましたが、我々がホテルを出発する時には雨は降っていなかったものの、街が全て霧の中といった状況でした。

朝一で上がったゴンドラの頂上駅もこの状況です。
P3291824

今日は周りが真っ白でしたので、ロッジをバックに本日の集合写真。
P3291826

途中で見つけた霧氷がとても綺麗についていた木の前で。
P3291829

湿度があったせいか綺麗についていました。
P3291831

ランチはいつもの山小屋でいつものピザ。
P3291836
P3291833
P3291834
P3291835

こんな天気の中でも皆様の豪快が滑り。
P3291837
P3291842
P3291851
P3291867
P3291875
P3291890
P3291892

何とかフォルガリータまで到達。
P3291904

その後は天気も崩れて来たので、少々早めに戻りました。
明日も天気が何とかもってくれると良いのですが。

清水伸明

カテゴリー: マドンナディカンピリオ | コメントをどうぞ

3/24発コルチナツアー 滑走4日目 セストエリア

こんにちは、コルチナより原田です。
本日は曇りの予報でした。穴場ですが好評の、セストエリアに行ってみましょう!
スキー場に到着してみると晴れ間が!美しい教会があり、鉄道と隣接しているアクセスしやすいエリアです。
IMG_2846

雲は確かに多いですが、暗いということはなく青空も見えてこれも絶好のスキー日和でした!
IMG_2850

北部エリアで話されている言葉はドイツ語です。しかしドロミテの特徴的な岩肌も見えていました。
IMG_2862

スノーシューハイキングをする人の姿も。こんな日なら気持ちよさそうですね!
IMG_2853

名物のスノーマンの前で一枚!
IMG_2858

ランチはルディヒュッテで。小さいサイズで量もちょうど良く、美味しかったですね!
IMG_2861

IMG_2863

中急斜面が多く幅が広くて比較的空いているのが特徴です。滑りやすく、思い切り滑走を楽しめました。
IMG_2963

IMG_2915

帰りがけにはパラグライダーで飛ぶ人を発見。飛び立つ瞬間には思わず歓声を上げてしまいましたね。
IMG_3288

天気が悪くなるとの予報の中、結局は楽しく滑走できましたね。
明日はガイド最終日。怪我なく、最後まで楽しく滑りきりましょう!

原田

カテゴリー: イタリア, コルチナダンペッツォ | コメントをどうぞ