2/9発 神﨑プレステージ キュータイスキーエリア

真っ青な空が広がった滑走5日目のステューバイエリア。今日はノイシュティフトから車で約1時間、キュータイへと行ってきました。地名の語源は「牛の谷」とのことです。

image

 

ベースの2000mからリフトで2500mまで上がると、3000m級の山々のパノラマが広がります。道を挟んで両側にスキーエリアが広がるので、1日で両側制覇を目指しました

 

image

このエリアは山スキーヤーにも人気の山域のため、周辺の良さそうな斜面には登ったトレースと見事なシュプールが多く見られました。

image

片側の斜面を滑り終えて、反対側の斜面に移動してランチタイム。お客様がチョイスしたカイザーシュマーレンを撮影。フランツヨゼフ皇帝も愛した名物デザートです

image

午後は絵になる三角形の山、エッシャーコーゲルをバックに滑りの撮影タイム。広々とした気持ちの良い景色が広がります。山の左側にはダム湖の堤防が見えます

image image image

そして、午前中に滑ったエリアをバックに集合写真

image

そしてカメラマンのリクエストに応えて、別ポーズでも撮影。私も全力でリクエストに応えました(笑

image

のんびりティータイムにする方も居る中、最後までコース脇で元気に滑るお客様・・・

image

 

最終滑走日の明日はアクサマー・リズムに行ってきます。

神﨑 裕一

 

カテゴリー: オーストリア | コメントをどうぞ

2月9日発ツェルマット 滑走5日目

皆様、こんにちは!ツェルマットより北園がレポートします。

本日は当初のスケジュールを変更し、グレッヘンスキーエリアへ遠足にでかけました。ここはツェルマットの北部、専用車で約35分のところにある小中規模のスキー場です。ヴァイスホルンやビーチホルンなど、非常にカッコいいアルプスの山並みが美しいところで、遠くにはヨーロッパアルプス最長のアレッチ氷河も確認することができます。

ここは景色の良い初中級斜面が整備されており、家族連れや地元の子どもたちも多くスキーを楽しんでいます。

S__11993170

741

ゴンドラからは岩肌が近く、ゲレンデ内の移動中も絶景が楽しめます。

740

まずは3班の4名様です!ヴァイスホルンを遠望しました。
S__11993168

午前中は班別に滑走し、午後は自由滑走としました。偶然出くわした1班と2班の一部の皆様での集合写真!
滑走してきた地元スキーヤーもついでにポーズ。

S__11993164

 

 

さて一方、エキスパート班は特別設定日の今日はテオドール氷河を現地ガイドと共に滑走しました!

マッターホルン・グレーシャー・パラダイスからスタート!

S__37142552

いつもは見下ろしていただけの氷河ですが、今日は滑走です!

S__37142553 S__37142554

S__37142556

ブライトホルン直下や氷河を間近に見ながら滑走です

S__37142559

S__37142555

モンテローザを真正面にみて集合写真!

S__37142561

チナールロートホルン、ヴァイスホルンも見えてきました。

S__37142560

氷河が突然現れ、中を見たり迫力満点でした!
S__37142562

S__37142563 S__37142564

カテゴリー: スイス, ツェルマット | コメントをどうぞ

セールシュヴァリエ滑走5日目 ブリアンソンエリア

こんにちは、セールシュヴァリエより原田です。

今日はセールシュヴァリエ全制覇のため、ブリアンソンエリアまで足を伸ばしました。
昨日訪問した世界遺産の城砦を上から見てみましょう!

B705E7F3-AF9D-499D-B58C-E368777CC56C
シャンテメーレ上部のメインエリア。フランスのホリデーだというのにそこまでの混雑はありません。どこまでも滑走okな開放的なゲレンデが広がります。
867542FD-C488-4BFC-A155-E2AD53E259B6

ブリアンソン側に到着!昨日訪問したヴォーヴァンの城砦は上から見るとその全体の堅牢な様子が伝わってきてさらに格好いいです。

D9C183C2-9F59-4B88-B69C-B7F8EB8F1BA8

9A1EA368-8FA1-43D3-AEC9-34C7FDB35EDF

EC9917BC-49A6-44B8-A089-26CA635090E0

ランチはテラスで。風がなく晴れていて最高でしたね。

DDE6A071-57A0-4099-A70A-38A94628AC82

025A7D6D-F892-47F0-A117-6ADED15155F1

いかがでしたでしょうか。あまり急すぎない斜面、フレンチアルプスの山並み、ローカルな雰囲気。とても良いスキー場でしたね!お天気に恵まれ、余すところなくセールシュヴァリエをご堪能いただきました。
BE6C704B-1760-4DB1-8F54-C05FF5E44C85

原田

カテゴリー: セール・シュヴァリエ, フランス | コメントをどうぞ

0209アオスタ5日目ヴァルトルナンシュ&チェルビニア

本日はガイドとの滑走最終日、クールマイユールからは一番遠いヴァルトルナンシュ&チェルビニアへ行って来ました。
ここへはクールマイユールから専用車で約1時間15分、しかしこれだけ掛けて行った甲斐のある1日でした。

お天気は今日も快晴。ヴァルトルナンシュの斜面が眩しい限りです。
P2140340

ここでも今日はレースが行われていました。これだけ盛んならば日本はかなわない訳ですね。
P2140343

朝一はヴァルトルナンシュの最高に気持ちの良いコースをまずは1本。
P2140344

皆様それぞれののペースで自由滑走です。
P2140345
P2140347
P2140348
P2140349
P2140350
P2140351

次は皆様お待ちかねのロープトゥーです。
P2140352

ロープトゥーから見るモンチェルビーノ
P2140355

ロープトゥー克服、モンチェルビーノをバックに
P2140357

チェルビニアのトップに上がり、クラインマッターホルンをバックに。
P2140360

モンチェルビーノを見つめて。絵になります。
P2140362

チェルビニアの最高に気持ちの良い斜面を大滑走中。
P2140364
P2140366

コース途中でモンチェルビーノの撮影会。
P2140368

チェルビニア到着。
P2140370

ランチはツェルマットツアーでお馴染みのダマリオにて。
P2140373

いつものメニューではなく、今日はシーフードスパゲティー。
P2140375

チェルビニアから眺めるモンチェルビーノ。
P2140377

ロープウェイで国境のテスタグリッジアに上がりました。
P2140378

頂上からスイス側、ツェルマットの谷を臨んで。
P2140379

ベンティーナの大斜面ももちろん滑走。
P2140383

最後はヴァルトルナンシュのシンボル、チーメビアンカです。
P2140384

明日は何と全員様ご参加のヴァレーブランシュへ行って来ます。

清水

カテゴリー: イタリア, ヴァッレアオスタ | コメントをどうぞ

コルチナ・ダンペッツォ:5日目、ラガツォーイ展望台からアルタバディア

ラガツォーイ展望台からアルタバディア
天気   :   晴天
気温   :   最高気温+4℃
ベース積雪   :   110センチ

本日も晴天のコルチナ・ダンペッツォ、ドロミテ晴れでーす!

専用車で約25分ファルツラーゴ峠にあるラガツォーイロープウェイで移動後、標高2752メートルの展望台から、
標高差1200メートルを滑走する醍醐味は、本日前半の目玉です。

その後アイス・ファールズを眺めながら滑走、最後の緩斜面はホースリフト馬車にロープを繋げ、
約50人のスキーヤーが引っ張られる光景はこっけいです。

最後は眼下に昨日のセラ山群を見ながらアルタバディア滑走、
W-cupコースを背景にLa Villa標高1433メートルの町まで滑りこみました。

今日は天気が良いだけではなく、午後から+4℃まで気温が上昇、暑いスキー&スノーボードになったようです。

ラガツォーイ山の展望台から全体写真!
IMG_8168

IMG_8171

スコートイニ小屋で小休憩後、元気に出発です。
IMG_8172

アイス・ファールズの下には、蟻サイズに見える人々
IMG_8173

IMG_8177

IMG_8181

ランチ一番人気は、ラム肉のとろける味わいが最高です。
IMG_8183

IMG_8184

IMG_8186

IMG_8199

IMG_8200

IMG_8210

IMG_8236

IMG_8254

川野 聡

カテゴリー: イタリア, コルチナダンペッツォ | コメントをどうぞ

2/9 西ドロミテ・ヴァルディ・ファッサ 小瀬SP4日目:逆セラロンダ

DSCF4839

皆様、こんにちは、ファッサから小瀬です。

本日はみごとな快晴、しかも無風の好条件。朝、8:30にHPをチェックするとセラロンダ、オープン印に変わりました。

DSCF4840

昨日と同じようにアルバからベルベデーレへ。マルモラーダ の麓、フェダイヤ湖が見えました。

今シーズンは、相当長い期間、フェダイヤ峠が通行止め。今日も空いていませんでした。

DSCF4845

本日は、セラロンダの逆回り。緑の看板に沿って進みます。

セラロンダの魅力は、滑走距離が長いこと、絶景が移り変わり、ドロミテ山塊を堪能できること。

世界各国からたくさんのスキーヤーを魅了する理由がわかります。

DSCF6050

昨日滑ったコースは極力避けて、まだ滑っていない新しいコースをご案内します。

DSCF6053

時々、寄り道などして。

フェローガイドならでは、滑っていただきたいコースは寄り道してもご案内します。

本日は、私の秘密スポットでお客様の滑りを写真とビデオに撮らせていただきました!

DSCF6054

コースによってはスキーヤーが少なく、ストレスなく滑走できました。

DSCF6061

ヴァル・ディ・ファッサのシンボルのハート、明日のヴァレンタインデーは関係あるのでしょうか。

DSCF6064

テラスは太陽の光を浴びたいスキーヤーでいっぱい。

DSCF6068

本日はフェローランチ の日です。ピッツェリアにて、サラダ、ピッツァ、スパゲティーをシェアして仲良く食べました。

DSCF6085

食べ過ぎで午後からのスキーは疲れ気味?!

DSCF6087

リフト、ゴンドラと乗り継いで、ひたすら進みました。

DSCF6093

急斜面や緩斜面のレイアウト、周りの景色がバラエティに富んでいて素晴らしい。

ドロミテ は、何度来ても楽しめます。ヴァル・ディ・ファッサツアー最高です。

DSCF6112

サッソ・ルンゴの夕景。普段なかなかお目にかかれない景色をみることができました。

満足度の高い高い1日でした。

小瀬信広

 

おまけ:お客様の渾身の滑り… お客様のスキーメーカー説明付き(笑

DSCF5094

私のおすすめ、ストックリ!

DSCF5652

ヘッド

DSCF5141

ロシニョール

DSCF5226

サロモン

DSCF5314

フォルクル

DSCF5334

オガサカ

DSCF5355

私のおすすめ、スイスのストックリ

DSCF5389

フォルクル

DSCF5459

ケイスキー

DSCF5506

ケイスキー

DSCF5593

DSCF5664

DSCF5685

DSCF5752

DSCF5805

DSCF5850

DSCF5947

DSCF5996

DSCF6039

DSCF5516

カテゴリー: イタリア, 西ドロミテ | コメントをどうぞ

コルチナ・ダンペッツォ:4日目、セラロンダ

セラロンダに挑戦
天気   :   晴天
気温   :   -1℃
ベース積雪   :   161センチ

晴天のコルチナ・ダンペッツォ、ドロミテ晴れでーす!

本日は今回のハイライト、奇岩セラ山群を1日かけて一周するセラロンダに挑戦です。
この2日間ほど強風の影響でリフト&ゴンドラが運転できず、セラロンダ一周する事が出来なかったようですが、
本日はほぼ無風状態の晴天日で、皆さま見事完走です。

思ったより混雑もなく、景色の変化に圧倒されての1日でした。

スタート前の全隊写真は何時も元気ですね!
IMG_8059

今年のマルモラーダは雪が多い感じです。
IMG_8061

IMG_8063

ドッシリした岩山が、スキーヤーを小さく見せます。
IMG_8066

IMG_8071

IMG_8081

IMG_8105

IMG_8130

IMG_8139

IMG_8156

伝統的なチロル民族衣装を、スキーファッションに変えて滑ってだ2人です。
IMG_8157

IMG_8160

IMG_8161

川野 聡

カテゴリー: イタリア, コルチナダンペッツォ | コメントをどうぞ

2/9発 神﨑プレステージ オフピステday

滑走4日目を迎えた本日は、山岳ガイド同行でステューバイ氷河エリアのオフピステへと行ってきました。まずはビーコンを装着。

image

リフトで登って行くと、晴天に恵まれた本日は隣のエッツタール(エッツ谷)のゼルデンスキーエリアもはっきりと見えました。ゼルデンもいいスキー場ですよ。夜も楽しい街です。

image

まずはコース脇の新雪で足慣らし。クラストした、なかなか難しいコンディションです

image

それでもレンタルのファットスキーの感覚を確かめながら滑って行きます

image

さすがはエリアを知り尽くした山岳ガイド、移動しながらノートラックの斜面に案内してくれます

image

そしてリフトを降りた場所から少し移動し、こんな場所からノートラックの斜面へとアクセス

image

まっさらな斜面が目の前に広がります

image

ただここも簡単な雪質ではなく、時折埋もれるかたも・・・

image

それでもこんな広い斜面を貸切!オフピステならではですね

image

その後もさらにオフピステの斜面は続きます

image

ターンの後半で両方の板に均等に荷重するように、とガイドからアドバイスがありますが、なかなかイメージとおりには行きません。でもそれも含めて、難しい雪を滑るのもオフピステの醍醐味です

image

それでも最後に今日1番の軽いパウダーが待っていました。

image

逆光の中スプレーを上げるお客様。トラバースした甲斐がありましたね

image

最後は山岳ガイドのロバートを囲んで集合写真。なかなかハードな1日、お疲れ様でした

image

 

明日から2日は別のスキーエリアへと足を延ばしてきます。

 

神﨑 裕一

カテゴリー: オーストリア | コメントをどうぞ

2月9日発ツェルマット 滑走4日目

みなさん、こんにちは!ツェルマットより北園が報告いたします。

今日は滑走4日目、イタリアのチェルビニアへと滑り込んで行きました。昨日行く予定でしたが、なんと強風などの影響で断念・・。今日、ようやくリベンジすることができました!
3班編成に加え、エキスパート班も加わり、大賑わいです。

まずはエキスパート班!

S__37126197
気持ちよさそうに滑り込んでいきますね。

S__37126195
マッターホルンはどこでしょう〜?そう、この三角形の山がマッターホルン改めてモンテチェルビーノです。

S__2940949
1班のみなさん、国旗付き!

S__11993132

2班のみなさんも、広いバーンを気持ちよさそうに滑走できました。

664

今日の3班のみなさんはこんな感じでした〜

さて、チェルビニアに到着後、少し観光の時間を確保しました。そしてランチタイム!

662

S__2940945S__2940947

S__37126198

最後、全員揃っての集合写真です!この大人数、すごいですよね〜

S__2940944

午後、スイスに戻り、各班別のエリアを滑走しました。

S__37126194

S__2940941

あと滑走も残り2日間、天候にも恵まれる予報なので、最後まで怪我なく楽しみましょうね。

カテゴリー: スイス, ツェルマット | コメントをどうぞ

2/9出発スペインピレネーツアー滑走4日目(セルレイ)

本日は州をこえてアラゴン州のセルレイへスキー遠征です。
アラゴン州の州都はサラゴサ。
スペインで最も急峻な山岳エリアです。

谷に沿って縦に長い斜面が広がるセルレイ。
日本ではまず聞いたことのないスキー場ですね!

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1837

本日も真っ青な空。
気温は6度をこえて春スキーです!

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_183c

しかし、バーンは良い感じにしまっております。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_183d

バラグライダーとスキー。
最近流行っていますね。
気持ち良さそうです!

 

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1839

アラゴン州にはピレネー山脈最高峰のアネト山(3,404M)が聳え立ちます。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1846

滑り応えある急斜面も多く、斜面はうねっていたり地形が変化に富んでいます。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_183f

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1840

スペインのスキー場はどこも開放的で爽快です。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1841

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1842

セルレイでは犬ぞりの体験も出来ます。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1843

ランチも沢山滑り全エリア網羅しました!

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1844

こんな素敵なピレネー山脈でお待ちしております!

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1845

明日はアンドラ公国へのスキー遠征です。
楽しみですね!

園原 遊

カテゴリー: ピレネー, ピレネー | コメントをどうぞ