オートルートツアー7日目 クールマイユールオフピステ

本日はバレーブランシュでフィナーレ、のはずでしたが、あいにくの天気と視界不良のためバレーブランシュは断念。

IMG_0364

気を取り直してクールマイユールスキー場のオフピステに行ってきました。

IMG_0368

雪崩の後のデブリを乗り越えて、、、

IMG_0374

モンテビアンコを眺めての滑降!

IMG_0382

パウダーとはいきませんでしたが、広大な斜面にて滑り収めをしていただきました。

IMG_0398

今回はフェーンの影響もあり、予定とおりの行程で進める事ができませんでした。しかし山スキーは天候に左右されることを理解されている皆様に助けられて無事にツアーを終える事ができました。ありがとうございました。

IMG_0408

 

来シーズンはオートルートほどハードでなく、パウダーを楽しむイタリアでのバックカントリーツアーを山岳ガイドのジジと検討していますので、是非御検討ください。

 

神﨑 裕一

カテゴリー: その他 | コメントをどうぞ

オートルートツアー6日目 シャンリオン小屋からイタリアへ

皆様こんにちは。オートルートツアーの残り2日間をお伝えします。突然ですがシャンリオン小屋はトイレが外にあります。夜のトイレには面倒ですが、こんな星空に出会えます。

IMG_0279

朝、夕、夜と山の風景が楽しめるのが山小屋滞在の魅力です。

IMG_0287

明け方にはグランコンバンが赤く染まる様子もご覧いただけました。

IMG_0294

さて、本日は峠を越えてイタリアへ向かいます。最後の登りのスタートです。

IMG_0307

 

久しぶりの青空の下、国境の峠を目指して進みます。

IMG_0311

峠まであと一息。雄大な景色の中、ほかには誰もいません。

IMG_0315 IMG_0321

そしてついに国境到着!今回のシールでのハイクアップはこれで終了。あとは、イタリア側のグラシエに向けて滑り込むのみです。

IMG_0320 IMG_0333

↑↓イタリアの陽光を浴びながら広い斜面をゆったりと滑り降りていきます。

IMG_0328

よく締まった雪で板も滑ります。皆様のすべりをどうぞ↓↓↓

IMG_0339 IMG_0342 IMG_0345

後半の林間部分は残雪が少なく、板を担いでのくだりです。オートルートではきれいに滑ることよりも、どんな雪質、状況に対応することが必要になります。

IMG_0352

そして最後は再びスキーを履いてグラシエに到着!皆様お疲れ様でした!

IMG_0356

 

クールマイユールに1泊して、明日はバレーブランシュに向かいます。

 

神﨑 裕一

カテゴリー: その他 | コメントをどうぞ

【グリンデルワルト&ツェルマット】最終日バルトルナンシュ

DSC01788

みなさんこんにちは。今日もいいお天気です!

今日は日曜日、また混雑するかなと思いつつ、バスもゴンドラもロープウェイもすんなりと乗れ、クラインマッターホルンへやってきました。現在はマッターホルングレイシャーパラダイスと言います。

DSC01780

まわりは山スキーをしている人が多く、ブライトホルンには幾多ものシュプールが刻まれていました。おとといの晩に積雪があったので、昨日は大変賑わったのでしょうね。

 

マッターホルンからモンブランまで、雲に覆われることなく完璧に見えています。最終日にふさわしいお天気です。

DSC01781

イタリアへ向かっている途中、、、プラトローザ前にいつものAir Zermattとは違うヘリコプターが。これもかっこいいですね~♪

DSC01782

 

やってきましたバルトルナンシュは、、、昨晩冷え込んだ影響で、まるで洗濯板のようなバーンでした。横滑りで降りてもただただ落ちていく。。。そんななかきれいに滑ってこられるお客様に脱帽です。さすが、スキースクールの生徒さんグループですね!

バルトルナンシュスキー場も今日が最終日。パラレルスラロームの大会でしょうか?といっても旗門は10ほどしかありませんでしたが。。。

パラレルスラロームの大会でしょうか?といっても旗門は10ほどしかありませんでしたが。。。

DSC01783

まだこれだけ雪があるのにクローズはもったいない気もしますね。

 

まだまだ滑れますよ。今日の洗濯板コース。

DSC01785

 

お昼ご飯は、こちらも今日最終日のLa Mottaで。暖かい日差しの下で食べるイタリアン、最高です。

「『今日のパスタ』はなに?」

「スパゲッティボロネーゼよ」

注文したら出てきたものがペンネアラビアータであってもね。

DSC01784

 

午後になって少し雪も緩んで滑りやすくなってきましたが、いつものとおり、Jバーに乗ってスイスへ戻ります。さすが、お上手です。

DSC01786

 

スイスに戻ってからは、降りる組と、もう少し滑る組に分かれて、フルグザッテル~フルグまで滑ってきました。今日一番いいコースでしたね。

ツェルマット側、チェルビニアはまだ滑れますよ。

ゴンドラを降りたらビールで打ち上げ☆

10日間ご一緒いただきましてありがとうございました。

 

久田めり

カテゴリー: ツェルマット | コメントをどうぞ

【グリンデルワルト&ツェルマット】トロッケナーシュテーク~ゴルナーグラート

DSC01771

みなさんこんにちは。ツェルマット滑走4日目を迎えました。

昨夜は久々の降雪があり、朝起きてみたら15センチほど積もっているでしょうか。ツェルマットの街が真っ白になりました。

DSC01762

そしていい青空!今日は期待できそうです。

できればイタリアに行きたかったのですが、雪が降ったため整備をしなければならないのでオープンが遅れました。ツェルマットを滑った2日間はお天気に恵まれていないのツェルマット側を堪能することにしました。

トロッケーナーシュテークからフルグザッテル、フルグ付近を滑走。

DSC01767

朝の集合写真。後ろのミシャベル山群がきれいですね!今日もがんばりましょう!

 

マッター谷には見事な雲海が。ということは街は今日は曇りですね。やはり山に登って正解です!

DSC01764

昨日までの鬱憤を晴らすように午前中から滑りましたね。

お昼は場所をゴルナーグラートに移して、リッフェルベルクにて。

DSC01772

玄関の温度計はなんと15度を指しています。感覚ではさすがにそこまで気温は高くないと思ったのですが。。。実際は何度だったのでしょうね。

DSC01773

ゴルナーグラートエリアには初日に来ましたが、そのときは景色は何にもなかったので、今日この景色を見ることができて大満足ですね!

しかし午後はやや雲があがってきて、、、

ちょうど雲の上と雲の中の境界ですね。ここより下はまたまた真っ白に。

DSC01777

午後はゴルナーグラートに行く方と滑る方と分かれました。

あの列車にお仲間が乗っているはず!!!

DSC01778

 

ちょっとボコボコなところもありましたが、今日も楽しい1日でした☆

明日は最終日。明日もお天気は良さそうなので今度こそ?!イタリアに行きたいですね。

 

久田めり

カテゴリー: ツェルマット | コメントをどうぞ

オートルート5日目 オテマ氷河滑降、シャンリオン小屋へ

オートルートツアーレポート、5日目です。まずは歴史を感じさせる小屋の看板。味わいがありますね。

IMG_0152 - コピー

そして小屋の朝の1枚。入口付近の乾燥スペースでは、出発準備に勤しむ人でごった返しています。朝食、装備の準備など手際よくするのも大事です。

IMG_0142 - コピー

風と視界の様子を見ながらしばらく待機していましたが、残念ながらピンダローラ登頂は残念。シャンリオン小屋へ真っすぐ向かうことになりました。ピンダローラの氷壁を見ながら出発。

IMG_0153 - コピー

宿泊していた小屋はこんな場所に建っています。晴天であれば山の景色も素晴らしい場所です。

IMG_0163 - コピー

しばらくトラバースしたのちは、長くなだらかなオテマ氷河をひたすら滑降。うっすら積もった新雪を滑って来ました。

IMG_0171 - コピー IMG_0208

その後、シャンリオン小屋へ向かって少し登り返し。この日も気温が高めで暑い!登りはTシャツでもいいくらいの気候です。

IMG_0219

そしてシャンリオン小屋に到着。

IMG_0232

時折雲が切れて周囲の山々が顔を出しました。

IMG_0238

山に見入る皆様を盗撮 笑

IMG_0246

今日の夕食のメイン。この前後に前菜のスープ、デザートが付くのが山小屋の定番メニュー。

IMG_0248 IMG_0251

食事中もガスの晴れ間から幻想的な風景が。明日は晴れてくれそうです。

IMG_0272

 

いよいよ国境を越えてイタリアへ滑り込みます。では、続きをお楽しみに。

 

神﨑 裕一

カテゴリー: その他 | コメントをどうぞ

オートルート4日目 ビニエット小屋へ!

さて、オートルートの4日目をお届けします。アローラから進む方角を見ると、ガスの中。しかしこのルートは多少視界が悪くとも安全にアクセスできるとの山岳ガイドの判断で予定通り出発。

IMG_0024

まずはスキー場のJバーを利用して標高を稼ぎます。

IMG_0029

スキー場のコースからそれて、シールを装着して標高差約800mの登りのスタートです。あの稜線を歩きます。

IMG_0044

シールを付けた後は、ビーコンチェックをして、ゆっくりと登り始めます。

IMG_0047

スキーを履いたまますり足のように進んでいきます。前半は少し急な斜面が続きます。

IMG_0057

その後、氷河上に出ると傾斜は緩やかに。だいぶ歩きやすくなり余裕も出てきました。

IMG_0095

右手にはピンダローラの氷河をまとった山容が間近に迫ります。コルが近づき、風が強まって来ました。

IMG_0112

3160mに建つビニエット小屋。雪煙からも風の強さが伺えますが、時折吹き付ける突風は台風rレベル。みなさん、風にも耐えてよく登って頂きました。

IMG_0118

そして小屋の中はこんな感じ。オートルートを楽しむ人たちで賑わっていました。

IMG_0120

夕食のテーブルには目印のガイド名が並んでいます。

IMG_0124

そしてボリューム満点の夕食。オートルートの小屋だけに翌日のエネルギーを蓄えられるような食事です。ちゃんとデザートまで出ますし、ベッドもきちんと一人分のスペースが用意されます。シャワーが浴びられないことを除けば意外と快適です。

IMG_0136

 

5日目~7日目は近日中に更新します。お楽しみに。

 

神﨑 裕一

カテゴリー: その他 | コメントをどうぞ

オートルート3日目 ショーンビエール小屋を目指して・・・アローラへ

皆様、ご無沙汰しました。オートルートツアー、本日ジュネーブに到着しました。中断していた現地レポート、3日目からをお伝えします。

山小屋3泊分の荷物を背負い、ゴンドラでシュバルツゼーへ。と思ったら強風のためゴンドラがclose。仕方なくフーリからショーンビエール小屋を目指して歩き始めました。

IMG_9987

青空が広がり、ドム、テーシュホルンの峰を横目に見ながら徐々に登って行きます。シュバルツゼーからの下山コースを遡る形で歩きます。

IMG_9990

まだまだ余裕がありますね~

IMG_9993

と、スタッフェルアルプが近づくころ、前方の雲行きが怪しくなり、風も強まります。山小屋との連絡により、山小屋直下の雪の状況が不安定とのことで、ショーンビエール小屋へ向かうことはここで断念。翌日以降の行程も考慮してツェルマットに戻ってからタクシーでアローラに向かうことにないりました。

IMG_0004

一旦ハイクアップして、誰も居ないスキーコースを滑ってツェルマットへ。

IMG_0007

ツェルマットからタクシーに乗ること約2時間。エランの谷奥にあるアローラに到着。ここからは複数の小屋へのアクセス、ピンダローダへの登頂も可能な立地です。

IMG_0010

明日はビニエット小屋へ行くことに決定。来週行われる山岳スキーレース「パトロール・ド・グラシエ」の準備をする軍隊に混じって夕食を楽しみました。

IMG_0016

↓ポレンタとチキングリル

IMG_0018

↓メレンゲのデザート

IMG_0020

 

明日は順調に進みますように

 

神﨑 裕一

カテゴリー: その他 | コメントをどうぞ

【グリンデルワルト&ツェルマット】スネガ

みなさんこんにちは。ツェルマットに来て滑走3日目を迎えました。

昨日はとってもいいお天気となりましたが今日はどうやら曇り空。。。ツェルマットの街も久々に雪が降りすこ~し白くなりました。

予定ではバルトルナンシュに行こうかと思っていたのですが、曇り&雪の天候で急きょスネガエリアに変更。ツェルマット滞在の中日でもあるので、疲れたら早めに上がるのもいいね、という休息日にしました。

DSC01756

ところが、地下ケーブル、ゴンドラに乗りブラウヘルトまで来てみると案外悪くない天気?!青空も見えますし昨日降った雪が薄らとのっていて、なんともよさそうなゲレンデ!

期待を込めて、ロートホルンに向かいます。

ロープウェイも赤から水色&紺の、Zermattbergbahnenカラーになりました。確か色のコンセプトは青空の青と氷河の水色だったと思います。

DSC01757

ロートホルンはなかなかの混雑具合。やはり春はなるべく標高の高いところに行って、いい雪を楽しみたいですもんね。奥のテーシュホルンとドムもお目見えしました。

DSC01758

 

まずは標高の高いところで、、、

DSC01760

ヴァイスホルンに向かっていく幅の広いコースを滑ります。

リフトでロートホルンに戻ってきてからはブラウヘルト、スネガへと滑っておりました。

しかしやはり下の方は真っ白なホワイトアウト。初日よりもひどかったです。

まだあと2日ありますし、明日明後日のほうが天気も良さそうなので、、、ということで今日は午前中でおしまいです。

また明日がんばりましょう!

 

久田めり

カテゴリー: ツェルマット | コメントをどうぞ

0402 ツェルマットツアー 青空の下でチェルビニア遠足!!!

皆さん、こんにちは。
本日のツェルマットは、晴れ!!!
今週首を長ーくして待ったマッターホルンの姿も見ることができました。

ほかの方もこの日を待ちわびていたのか、循環バスの車内とゴンドラ乗り場が満員電車状態!大混雑を抜け、青空の中ゴンドラでトロッケナーシュテックへ移動しました。
*ゴンドラからマッターホルン!
P4071759

トロッケーナーシュテックからクラインマッターホルンのロープウェイも本日は順調に動いていました。バスやゴンドラ同様、ロープウェイも大混雑!!何とかクラインマッターホルンに到着し、滑走開始。

プランメゾンまで移動し、午前中おまけのもう一本に挑戦!南壁に近づけるリフトへ。
*プランメゾンからチェルビーノを撮影!
P4071762

*南壁前で!本日は6名様のご参加でした。
P4071764

ではここで午前中のおまけの一本の滑走風景をどうぞ。
P4071765
P4071767
P4071770
P4071774
(N様は速かったため写真がなく、すみません)

チェルビニアまでの大移動、お疲れ様でした。
午前中の滑走後は街散策とランチタイム!
チェルビニアはこんな街です。今日は天気が良く、まぶしいくらいでした。

*街散策
P4071775
P4071776
(ピークパフォーマンスもあります)
P4071777
P4071778
P4071780
P4071782
P4071784
P4071785
P4071786

*「ダ・マリオ」でのランチ
まずは皆で乾杯!
P4071788

・前菜:ミネストローネかサラダ。私は本日はスープをチョイス。
P4071791
・メイン:イタリア国旗カラーのパスタ!
P4071801
・デザート:パンナコッタ。
P4071804

「ダ・マリオ」の前で雪崩が起きていました。2回雪崩が起きましたが、皆さん驚かれていました。
P4071798

お腹一杯になった後は、リフト、ゴンドラ、ロープウェイを乗り継ぎスイス側へと戻りました。
南壁に近づくリフトからは、このようにチェルビーノの雄姿を眺めることができます。
P4071810
景色もきれいです。イタリア側も青空が広がっていました。
P4071815
そしてこちらのリフトの安全バーにはキッズサポートがついています。ザックは下して頂くと楽に乗れます。
P4071812

リフトから降りる瞬間のお客様を撮影してみました。
*M様、F様ご夫妻
P4071819
*N様、F様
P4071821

スイス側へ戻るロープウェイからはこのような景色が見られます。(ロープウェイの中から撮影)
P4071824
フェローのお客様と久田ガイドを発見!
P4071826
P4071832

ロープウェイを降りると、スイスとイタリアの国境線があります。昔の国境線もきちんと残っていますよ。
M様ご夫妻を撮影させて頂きました。おそろいのヘルメット、お似合いです!
P4071836

スイスへ戻ると、テスタグリジア付近でY様グループにお会いしました。エアーツェルマットに参加されたグループの皆様と記念の集合写真!今週のお客様全員とマッターホルンをバックに。
山並みと青空がきれいでしたね~。
P4071839

その後イタリア遠足組は午後のおまけの一本を滑りにフルグザッテルへ!そこからフルグへ滑り込み、ツェルマットまでゴンドラダウン。

皆さん、大移動本当にお疲れ様でした!
イタリア・チェルビニア遠足はいかがでしたか?

今週は天候が安定しない日が続きましたが、今日は本当に良い天気で楽しかったですね!!
皆さんが待ち望んだマッターホルンも見ることができ、良かったです。

明日は自由行動日、そしてツェルマットご滞在最終日です。
素敵な思い出を作ってくださいね。

遠藤 千明

カテゴリー: スイス, ツェルマット | コメントをどうぞ

【グリンデルワルト&ツェルマット】チェルビニア

DSC01741

みなさんこんにちは。

昨日の雨&ガスとは打って変わって、最高のお天気になりました!まさにイタリア日和です。

ツェルマットにいる全員が同じ考えなのか、今日は朝からバスが大混雑、ゴンドラも大行列、ロープウェイは30分以上も待つことに。。。

それでなんとかやってきたクラインマッターホルン。きれいな青空に、ヨーロッパアルプス最高峰のモンブランもきれいに見えました。

DSC01743

昨日はツェルマットの街は雨だったので、標高の高いエリアは雪だったのでしょうか。なかなかいいコンディションで滑ることができました。

マッターホルンに向かうように伸びるコース。

DSC01744

2000mのチェルビニアの街まで下ります。

チェルビニアの街からのモンテチェルビーノ。よく見るマッターホルンとは全く違う形ですね。それでもやはり迫力があり、街の象徴の山になるのも納得です。

DSC01748

 

午後はモンテチェルビーノの南壁に迫るリフトであがりました。

今日の集合写真!

DSC01749

最後はイタリアとスイスを結ぶロープウェイで3480mまであがりました。

さすがイタリア?ロープウェイもかっこよく見えます。モンテチェルビーノと一緒に。

DSC01754

 

今日はお天気に恵まれて景観もよく、本当に楽しいスキーとなりましたね!

明日はバルトルナンシュ?!行けるといいなぁ。

 

久田めり

カテゴリー: その他 | コメントをどうぞ