1月17日出発 マドンナ・ディ・カンピリオ 滑走初日

マドンナ・ディ・カンピリオよりBuon Giorno! 昨年はグリンデルワルトにてご一緒したグループの皆様と今年はマドンナにやってきました。

15名様を2班体制にてご案内します。

IMG_2699

外に出てみるとたくさんのポルシェが並んでいます。今の時期は毎年恒例のウィンターマラソン。ここマドンナからドロミテのカナツェイまでポルシェで走るイベントです。

IMG_2701

滑走初日、チンクエラーギへ登ると、街を挟んで反対側のブレンタドロミテの山々がくっきりと見えていました。

IMG_2707

1本滑った後皆様で集合写真。後ろの斜面、板を担いで登って滑りたいくらい綺麗なまま残っています。

IMG_2712

 

神﨑班の皆様の1枚。

IMG_2715

藤原班の皆様。初日からブラックコースもチャレンジされました。

IMG_3764

 

そしてお楽しみのランチタイム。

IMG_3779

 

見た目にも美しいラビオリ。いわゆるインスタ映えする一皿ですね。

IMG_2716

イタリアの食事のテーブルにはグリッシーニは欠かせません。

IMG_2717

午後も滑るぞ!という集合写真。

IMG_2721

 

でもイタリアンバカンスですから。のんびりティータイムも取りながらのスキーです。

IMG_2722

スキー後は街の散策へ。まだクリスマスツリーも残っていて、町の雰囲気もいい感じです。

IMG_2729

スキーコースにもマドンナの文字がライトアップされていました。

IMG_2731

とあるお店を覗くと地元のチーズとサラミのセット。ではなく、なんとこちらチョコレート!

ドロミテならぬ「チョコミテ」だそうです。

IMG_2727

スーパーでのお買い物もその土地の生活に触れられる楽しい時間です。オリーブオイルの種類もたくさん!

IMG_2732

塩や調味料の種類も豊富で、さすがイタリア!といった感じです。

IMG_2733

こんな地元のクラフトビールも売ってます。今晩試してみます!

IMG_2736

おまけの1枚。社長!フェローの社用車にちょうどいいポルシェ見つけましたよ!(笑

IMG_2735

 

明日はビデオ撮影も交えて滑って来ます。

 

神﨑 裕一

カテゴリー: イタリア, マドンナディカンピリオ | コメントをどうぞ

ツェルマット5日目☆大雪のスネガ

積雪量:280cm
最高気温:-1℃
最低気温:-7℃

皆さん、こんにちは。ツェルマット現地ガイドの河野です。

本日のツェルマットは、大雪&強風、と言うことで、再びスネガエリアに行って参りました。

先ずは、今シーズン利用率の高い地下ケーブルに乗車して、

IMG_1380_R

4分程で移動、

IMG_1381_R

スネガパラダイスに到着後、杉山班の皆さんは準備体操中、

IMG_1382_R

河野班の皆さんも体をほぐしてから、早速スキー滑走の方をスタート、

IMG_1383_R

幅のある中斜面から、

IMG_1385_R

2番コースを滑り下り、

IMG_1388_R

林間コースに入りました。

IMG_1390_R

さて、朝の元気なうちに、8番のブラックコース(上級)にも挑戦、

IMG_1391_R

長~い急斜面が続く、滑りごたえ十分のコースです。

IMG_1393_R

さて、杉山班の皆さんも、地下ケーブルを利用したりしながら、

P1130938_R

元気にスキー滑走を楽しまれているご様子。

P1130918_R

しかし、この大雪に苦戦しながらのスキー滑走の様です。

P1130944_R

P1130945_R

本日は大雪、スネガパラダイスからもマッターホルンの姿は見えず、

IMG_1394_R

ならば、山より団子、ランチタイムです。

IMG_1395_R

杉山班の皆さんは、お食事が終わったところでしょうか。

P1130966_R

ランチタイムを十分にとり、午後のスキー滑走をスタート、

IMG_1397_R

フィンデルンの集落を抜けるコースを滑り下りたり、

IMG_1400_R

普段はあまり乗らない2人乗りリフトに乗車したりして、

IMG_1402_R

雪の積もったゲレンデを滑り下りて行き、

IMG_1415_R

スネガエリアのコースを滑り尽くしました。

IMG_1417_R

さて、ツェルマットの街に戻って来ると、更に降りしきる雪、

IMG_1419_R

電光掲示板を見ると、ゴルナーグラートエリアのコースがオープンした様ですので、

IMG_1418_R

まだまだ滑り足りないというお客様と一緒に、ゴルナーグラートエリアに移動、

IMG_1420_R

雪面は大変見にくい状況でしたが、

IMG_1422_R

線路横のコースを滑り下りたりしながら、

IMG_1424_R

極上の雪質の中、フーリまで滑り下りて来ました。

IMG_1425_R

今回のツアーはゆっくりウィークなのですが、お上手なお客様が多いのです!

IMG_1413_R

遂にはバス停まで来てしまい、このコンディションの中、最後まで滑られたお客様の滑走距離は45km、お見事です!

IMG_1429_R

おまけ、ツェルマットツアーには、コンドミニアム滞在のコースもあり、

IMG_1430_R

夕食は付きませんが、皆さんで和気藹々と楽しそうに手作り料理を召し上がっておりました。

IMG_1431_R

明日はスキー滑走最終日、皆さんに少しでも、もう一度マッターホルンを見て頂きたいです。

カテゴリー: スイス, ツェルマット | コメントをどうぞ

1/13発サンアントンツアー 滑走5日目 スキー博物館、観光局訪問

こんにちは、サンアントンより原田です。

本日もサンアントンは雪。昨晩は50cmの降雪がありました。

ガルチックでは357cmの降雪。なかなかの多さです!
IMG_8222

稼動するリフトの本数は制限されていましたが、パウダー滑走が楽しめました。
IMG_8219

IMG_8220

滑走を早めに切り上げてスキーミュージアムへ。
一見ただのレストランですが、2階に上がると…
IMG_8223

サンアントン発展の歴史、そしてスキーの進化の歴史を展示する博物館になっています。
IMG_8225

 

80年前のガルチックバーン。歴史を感じました。

IMG_8227

 

ハンネスシュナイダー。お隣のシュトゥーベン・アム・アールベルクに生まれた「アルペンスキーの父」です。
IMG_8236

ハンネスシュナイダーinジャパン!
IMG_8230

IMG_8235

当時のリフトパスです。
IMG_8234

伝統のアールベルクスキークラブ。
IMG_8233

俺の履いていたスキーが展示されてる!というコメント、面白かったです!
IMG_8231

IMG_8228

このほかにも当時のスキー映画なども上映しておりとても興味深かったです。
サンアントンにきたら是非一度はご覧ください!
IMG_8237

一息ついた後、観光局へ。写真のヴィルマさんがサンアントンの魅力を語ってくれました。
おみやげももらってしまいましたね!
IMG_8239

日本人はめずらしいらしく、フェローのお客様を大歓迎してくれています!
また来たい、という気持ちになりますね!
IMG_4416

明日は最終滑走日。ようやく晴れ間が見える模様です。明日こそ、今日までたまったパウダーを思い残すことなく楽しみましょう!

原田

カテゴリー: オーストリア, サンアントン | コメントをどうぞ

1/13発サンアントンツアー 滑走4日目 大雪のパウダー滑走

こんにちは。サンアントンより原田です。

本日も豪雪でした。滑走できるゲレンデは限られていましたが、その分パウダーを楽しむことができました。

皆様のアグレッシブなすべりをご覧ください!
IMG_8002

IMG_8196

IMG_8175

IMG_8098

IMG_8071

IMG_8042

IMG_7893

IMG_7669

ランチはサンアントンの街に下りてきて食べました。
オーストリアはシンプルながら高くなく美味しいですね。チロル風の雰囲気も良く、外の吹雪を眺めながら優雅な食事でした。
IMG_8211

あれ!見慣れないウェア!いつの間にかお買い上げですね!いいおみやげになりましたね。
IMG_8212

明日は天気が少し落ち着いてくれるでしょうか…

原田

カテゴリー: オーストリア, サンアントン | コメントをどうぞ

大荒れのツェルマット4日目

みなさんこんにちは。

ツェルマットは、朝から大荒れです。
なんとスネガの地下ケーブルさえも運行見合わせ中。
どうしようもないので今日は中休みデー。明日、明後日に期待です。

P1130906
オフィス前の様子です。

P1130908
そして、こうなり・・・

P1130909
1秒後には、こうなり

P1130910
さらに、前も見えない状態になってしまいました。

山のお天気です。太刀打ちできませんね。

杉山なをみ

カテゴリー: ツェルマット | コメントをどうぞ

ゆっくりヴァルディゼール 3

今日は朝から本格的な降雪。リフト、ケーブル類も半分くらいはクローズの中、視界のある林のエリアで滑走しました。お昼を挟んで最後まで滑ったのは6名、最後は視界も悪い中、ホテル前まで滑って帰ってきました。パウダーの練習もばっちりです。6名の果敢な滑りをご覧ください!

澤 宏太郎

カテゴリー: フランス, ヴァルディゼール | コメントをどうぞ

1/13発サンアントンツアー 滑走3日目 ツールス、レッヒ

こんにちは、サンアントンより原田です。

本日は雪。時間によっては視界がさえぎられるほどの降雪がありました。

ラウズまで専用車で行ってから、昨年からの新設ロープウェイ「フレクセンバーン」に乗ってツールスに移動しました。このロープウェイにより、フレクセン峠を車で越える必要がありません。

しかしツールスでは豪雪。雪面状況はよかったもののまったく見えません。視界が悪い状態でのスキーは難しいですね。平衡感覚が失われ、非常に気を使って滑らなくてはなりません。

その後は公共のバスで国際的なスキーリゾートレッヒに移動しました。
IMG_7571

高級時計のウブロやパテックフィリップなどのお店が軒を連ねる中、われわれスキーが気になるのはむしろこちらでしょうか。
IMG_7561

高級スキーブーツ「シュトローツ」のショップです。オーストリアにこられた際は一度試してみては?
IMG_7559

昼食はレッヒの街で。そこまで高くなく、それぞれ美味しかったです。
内装も木でかわいらしく落ち着く感じ。
IMG_7567

IMG_7566

IMG_7565

IMG_7563

IMG_7562

最後はレッヒ周辺を滑走しました。だんだん小ぶりになってきて、滑走しやすくなってきましたね。

最後は原田班の誇る「ビューティー5」の写真をご覧ください。
IMG_7568

アールベルクは景色のいいエリアでもあるので、思うようなエリアにご案内できないのがもどかしい!
明日の天気はどうでしょうか…
また明日をお楽しみに!

原田

カテゴリー: オーストリア, サンアントン | コメントをどうぞ

本日は休憩日!

本日は朝から雪が降っており、昨日とは打って変わった日となりました。
視界不良であったため、午前中で切り上げ街でお食事!
2日間たっぷり滑ったので中日と休憩として良い1日となりました。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_57

本日お誕生日のお客樣が!
皆さんでお祝いしました。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5a

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_59

雪はどんどん強まります。
明日はパウダーですね!!

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_58

明日は滑走写真をしっかりとアップします。

園原 遊

カテゴリー: イシュグル | コメントをどうぞ

ツェルマット3日目・強風です

P1130904

積雪量:250cm
最高気温:6℃
最低気温:-7℃

みなさんこんにちは!
今日のツェルマットは、一昨日、昨日と、うって変わって朝からどんよりとした天気です。
昨日に引き続き、再度イタリアへの国境越えを計画していましたが、
残念ながら、山の上では強風が吹き荒れているとのこと。
国境越えは諦めて、それでは!と、
風に強いスネガエリアへご案内いたしました。

心配していたほど視界も悪くなく、雪面も良く見え、朝一の整備された空いているバーンを、
気持ちのいい滑走ができました。テンション上がりましたね〜
が、しかしながら天気は下り坂・・・
お昼過ぎには、スネがからブラウヘルドへのゴンドラも止まってしまい、
大半の皆様はいつもより早めにスキーを切り上げて、、、さあて
こんな日は、街に繰り出したり、ホテルのサウナやジャグジーでくつろいだり、
ヨーロッパリゾートを満喫してみるのもいいですよ〜

P1130894
クラインマッターホルンのエリアと、標高の高いところは全てクローズ

P1130896
スネガへの地下ケーブル

P1130897 2
スネガからブラウヘルドへのゴンドラとチェアリフトのコラボレーション!この発想が面白いですね。もちろん乗り場と降り場がそれぞれにあります。

IMG_1370
さて、今日も張り切ってスタート!

IMG_1372
あれ?すでにお茶タイム?

P1130898

P1130900
2班のランチは可愛らしいフィンデルン村の”シェ・ブローニ”で

IMG_1374
あっ!ゲムゼ(カモシカの仲間)だ! 見つけた河野のお手柄!

P1130903

スネがまでの下山コースからは、ツェルマットの町が一望できます。
あ〜街の向こうにマッターホルンが見えるはずなのですが・・・今後に期待しましょう!

杉山 なをみ

カテゴリー: ツェルマット | コメントをどうぞ

ゆっくりヴァルディゼール2

ゆっくりヴァルディゼール2日目は晴天のなかスタート。

IMG_2419

今日はティーニュのグランモット氷河を目指してきました。山頂のロープウェイは残念ながらクローズでしたが、この見事な眺望。ここからティーニュ・ヴァルクラレまでのコースは斜度もちょうど良く、快適なスロープです!

IMG_2427

その快適なスロープで撮った皆さんの滑りです。露出間違って写真がちょっと荒いですがお許しください・・・。

IMG_2102 IMG_2151 IMG_2257 IMG_2307 IMG_2382 IMG_2409 IMG_2473 IMG_2536

ゆっくりチームながら皆さんなかなかの滑りです。お昼はヴァルクラレのピッツァリアにて。

IMG_2443

雪もたっぷりあって雪質も最高です。

IMG_2440 IMG_2430

 

明日から雪の予報です。

澤 宏太郎

 

 

 

カテゴリー: フランス, ヴァルディゼール | コメントをどうぞ