グランピレネー・バックカントリーツアー10日間、3日目:アンドラ

ヴァルノルド・オルディノアルカリス・スキー場
天気   :   雪のち曇り
気温   :   -7℃
ベース積雪  :  45~70センチ
新雪     :  20~30センチ!!!

本日はスキー遠足で、アンドラ北西部に位置した第二のスキーリゾートヴァルノルドを代表する、アルカリス・スキー場にご案内です。
オルディノ・アルカリス・スキー場では、フリーライドツアーのプログラムが充実、バックカントリーの聖地と呼ばれており、
このツアーにはピッタリの場所。
専用車で約1時間の移動車内では、昨夜から降る雪にどれだけの深雪かあるか期待が深まります。

二人のオフピステガイドが出迎え、アンドラピレネーの気象と降雪のメカニズムを勉強させていただきました。
もちろん、バックカントリーに必要不可欠な雪崩についての説明と、それに伴う安全装備を装着してサイドカントリーにいざ出陣です。

予想を反して?降雪は一晩で20~30センチの、ピレネー深雪に大当たり!でした。
皆さん声を上げて、-7℃の中、汗ばむ体は絶頂の興奮状態です。

IMG_7129

オフピステガイドFRANCESCはスペイン生まれ、アメリカ・カナダのスキー場で働いてた経験者。
IMG_7037

オフピステガイドISMAELはチリ生まれ、カナダ・レベルストークのキャットスキーK3社で働いてた経験者。
IMG_7134

ティーンエイジャー顔負けの?、パワー全開の深雪滑り!
IMG_7137

八甲田仲間が、アンドラピレネーでデュエットスキー!
IMG_7185

IMG_7084

IMG_6939

IMG_6954

IMG_7120

IMG_7109

ツリーランも楽しめるエリアです。
IMG_7038

IMG_7061

IMG_7018

パウダーの後はハンバーガーでしょ! アンドラのバーガーがこんなに美味しいとは。
IMG_7127

川野 聡

カテゴリー: ピレネー, ピレネー | コメントをどうぞ

0119 ツェルマットツアー2日目(チェルビニア)

こんばんは!

今日のツェルマットレポートは今井よりお送りします。

今日は滑走2日目、天気も良かったのでイタリア側チェルビニア遠足に行ってきました。
朝、シュヴァルツぜー付近でカモシカの集団を発見。

IMG_0125

おはようございます。
今シーズンからマッターホルングレーシャーパラダイスに登場した3Sゴンドラに乗って
いざマッターホルングレーシャーパラダイスへ。

IMG_0131

空も澄んでいて、モンテビアンコやグランコンバン、グランドジョラス、グランパラディソまでを見渡すことができました。

IMG_0133 IMG_0134

岩井班は展望台も楽しみました。

IMG_1613

スイスからだとまずはチェルビニアに降りるだけでも相当時間がかかります。

IMG_0145

各班の集合写真をどうぞ!

IMG_0140 F68A6963-7BDA-4C30-9787-A2957BC3917A IMG_1614

チェルビニアではランチ前に街散策。

IMG_1616

教会もメインストリート沿いにあります。

IMG_0146

ランチもイタリアンを楽しみます。

IMG_0154

70EB7CAC-A2C5-4A46-B3B5-501399BD52C9 0BE3289C-128F-408E-BBE7-1F39904E4138 IMG_1618

帰りもリフトが止まらないうちに帰るのが鉄則!

C30C2ED4-3FE6-4DB9-AE04-5165CBF80A09

気温はすごく低かったですが、皆様無事にツェルマットに帰ってきました

カテゴリー: スイス, ツェルマット | コメントをどうぞ

1月19日発 グリンデルワルド 滑走2日目 ユングフラウヨッホ観光とスキー

グリュッサー!

本日はユングフラウヨッホ観光に行かれる班とそうでない班に分かれました。

スキー班

IMG_0692

ユングフラウヨッホ観光班を思うスキー班。

IMG_0693

ユングフラウヨッホ観光班

IMG_0722

IMG_0726

IMG_0727

IMG_0729

スキー班はヴェンゲンへ。

IMG_0694

IMG_0695

ヴェンゲンの教会。

IMG_0698

今日のランチ。

IMG_0699

IMG_0700

メンリッヘンへ上がります。

IMG_0701

ユングフラウヨッホ観光班もスキー開始。

IMG_0730

IMG_0731

IMG_0733

どちらの班もグルンド方面へ。

IMG_0702

IMG_0710

IMG_0714

IMG_0718

振り返ればアイガー北壁が輝いてます!

IMG_0717

皆様お疲れ様でした。

明日はシルトホルン遠足です。

田口貴秀

カテゴリー: グリンデルワルト, スイス | コメントをどうぞ

0108マドンナディカンピリオ2日目

本日も快晴のマドンナディカンピリオです。
今日は足を伸ばしてマリレバ&フォルガリーダエリアへと滑走して来ました。

朝一はいつものチンクエラーギのゴンドラから。
P1210004

天気が良いのでゴンドラ上は大混雑。
P1210005

今週のガイド二人。イタリア人にはかないません。
P1210007

2班合同の集合写真。
P1210011

本日の清水班の皆様
P1210009

ガイド、ビクターのデモ滑走。さすがです。
P1210013
P1210014
P1210015

フォルガリーダまで滑り込みました。
P1210018

モンテスポルべりーノのトップにて。
P1210020

本日はここでランチです。
P1210030

取りあえず乾杯!
P1210024
P1210025

メニューはやはりピザ。イタリアでは外せません。
P1210028
P1210027

午後はマリレバエリアを大滑走です。
P1210034

明日は遠足です。

清水伸明

カテゴリー: イタリア, マドンナディカンピリオ | コメントをどうぞ

南チロルのスキー休日:1日目

待望の南チロルのスキー休日 1月19日(土)~2月3日(日) 9日間
アルタ・ヴァルヴェノスタ・スーパーアレナースキーがスタートしました!

イタリア、オーストリア、スイスを滑り倒す企画です。
1月20日(日) 気温:−12度~−6度 天候:晴れ

南チロル、かつてはオーストリア領、ボルツァーノ、メラーノからはイタリア側、オーバーインタール、レイジア峠からはオーストリア、ミシュタイアヴァレーからスイス。
合計15のスキーエリア、総延長約400kmのスキーコース&ゲレンデ、ピステ、オフピステ、ツアースキー全ての宝庫です!

今日はマルスの街から、マルガ・サンヴァレンティーノ(ハイダアルム)からレジア峠まで縦走、レジア湖を眼下にロングコースのオンパレード!
午後はオーストリアへ国境を越えてナウダースへ遠征スキー。
一日目の足慣らしながらかなり滑走してきました。

なんといってもイタリア側の絶景はオルトレス(3905m)、グラン・ゼブル(3859m)、モンテ・チェヴェダーレ(3769m)のイタリア北部のハイピークが織りなす絶景は言葉では言い尽くすことはできません。

スキーの帰りにはレジア湖のクローンにある湖水に佇む教会とオルトレス(オルトラー)の調和の美しさを夕景時に体験して頂きました。
北にザーファウス、フィス、北西にザムナウンとムットラー(3294m)が識別できます。
さらに北東にはチロル最高峰ヴィルトシュピッツェ(3768m)まで遠望できるパノラミックな風景に感激せずにいられません。
雪質、積雪量、機動力、食、ワイン、チーズともに最高なヴェノスタ渓谷が広がります。

明日は周辺で最も標高の高いソルダヴァレーへ挑戦しようと思います!

エスコート 水澤 史

IMG_2293

IMG_2298

IMG_2303

IMG_2308

IMG_2312

IMG_2313

IMG_2332

IMG_2340

IMG_2341

カテゴリー: その他 | コメントをどうぞ

0119ツェルマット初日

みなさん、こんにちは!!

30名様のお客様が無事ご到着し、とっても賑やかなツェルマット!!

IMG_0377

快晴とともにスタート!!

天気が良すぎて、マッターホルンと名峰が良く見えます!!

IMG_0371

マッターホルンに向かっての大滑走、気持ちが良すぎて、みなさん笑顔で!!

IMG_0374

圧雪のかかった斜面も最高のコンディションです。

IMG_0370

ゴルナーグラードエリア、スネガエリア、シュバルツゼー周辺を各班に分かれて堪能しました。

IMG_0366

ランチタイムでは、スイスの郷土料理、ロシティも大人気。

IMG_0372

ビールとともに会話も進みます^^

IMG_0373

午後は、タウンガイドへ!!

IMG_0376

可愛らしいツェルマットの街並みにすっかり溶け込んで、すでに満喫のツェルマットツアー。

IMG_0375

コミュニケーションパーティーでは、それぞれのこのツアーへの熱い思いが伝わりました。

明日はイタリア遠足!!快晴のもと楽しみましょう。

今日も1日ありがとうございました。

池谷 真美

 

 

 

 

 

カテゴリー: ツェルマット | コメントをどうぞ

プレステージ・ゼアファウスツアー 滑走1日目

皆さんこんにちは!
今週はプレステージツアーのゼアファウス滞在ツアーをご案内します!
総勢9名様にご参加頂きました。
ぜファウスはオーバーインタールに位置し、イシュグルでも1回スキー遠征で訪れますが、決して1日では滑りきれないほどの広大なエリアです。
縦に長い斜面が広がり、ゼアファウス、フィス、ラディスと3つのエリアから成り立っています。
ここに滞在にして思う存分このエリアを楽しんでほしいとの思いから企画しました!!

本日はゼアファウスとフィスのエリアを中心に滑走します。
まずゴンドラ駅までは地下鉄で移動します。
大きな街ではありませんが、ホテルの近くに駅があり地下鉄が走っています!!

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_15ce

列車の外装は子ども達が描いた絵になっています。
ゼアファウスのエリアは家族の滞在やアクティビティに力を入れています。
素敵ですね!

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_15cf

乗ること8分でゴンドラ駅に到着です!
何とも便利!

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_15d0

天気は良く初日には最適です。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_15d1

ぜファウスからフィスに向かって滑り降ります!

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_15d2

ゴンドラの山頂駅でこんな銅像を発見。
山々を眺めながら悩んでいるのか、何か考えています。。。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_15d3

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_15d4

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_15d5

このエリアのマスコットと一緒に撮影!
周囲は3000M前後のチロル州のアルプスの景色が雄大です。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_15d6

気温とは反し暖かい中滑走すると喉がカラカラ。
ビール片手に乾杯!
飲み過ぎは注意ですよ!

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_15d7

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_15d8

午後からはゼアファウスに戻り、15時には滑走終了。
天気に恵まれた1日でした。

正面にはチロル州のアルプスが広がります。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_15d9

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_15da

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_15db

ゼアファウスの街は大きくはないですが、可愛い雑貨屋さん、お洒落なワインバー、ブランド店も数件軒を連ね大変雰囲気の良い街です。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_15dc

こちらは、今回滞在のホテル「Alpenruh」
明るい室内でプール&ジャグジ、サウナも完備されています。
驚いたのはイシュグルでフェローが使用しているホテル・アルボナのバーテンダーがいました!
今シーズンよりこちらで働いているそうです。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_15cd

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_15dd

明日は、ゼアファウスの最奥エリアを滑走します。

園原

カテゴリー: オーストリア | コメントをどうぞ

アルタヴァルテリーナツアー 滑走1日目ボルミオ

こんにちは、ボルミオより原田です。
本日より滑走開始です。よろしくお願いします!

今週は天候に恵まれそう。5日前に大雪が降ったので、コース状況も大丈夫そうです。
037DD132-B634-4C02-8EC8-CB25C24F0FD4

ボルミオの街は標高約1200m、そこからTOPは3000mまで登ります。
雲ひとつない晴天!気温は低く、風もなく大変滑りやすかったです。
5FDC6097-B1D7-4BD1-9971-74E20C522C5A

ボルミオは毎年年末にW杯男子滑降が開催されるだけあって、かなりの標高差と斜度があります。ボルミオの街にダイブするかのような迫力の滑走です!
8EF15782-CE32-4860-9D98-21511372D40E

昼食は標高3000mの山小屋で。絶景を眺めながらのランチです。
E7873905-6DE7-4B04-8777-C281BE6AD1CA

48775257-F74B-42A8-A287-E520EE79D142

23EB4383-B817-45DF-9405-9B46FCBA97C5

こちらは名物バストーネ。棒にお肉が巻きついている地元の料理です。
70D2BE2A-3E41-4A10-B7A5-F072C99F3A12

現地の人たちに倣ってかぶりつき!
A94C1BFB-3321-4F58-84EE-FE971EAFD09F

滑走本数こそ少なかったもものの、初日からかなりの距離を滑ることができました。
ACFB4F02-6254-452D-B30B-65020CAC4881

滑走後はボルミオの旧市街に行ってみました。古くからの建物とお買い物も充実したいい街です。明日は街の歓迎パーティもあります。
00E80D57-769F-47BD-98E4-212878FB80AB

街の教会とボルミオのスキー場です。
17529F1E-76CF-4C1F-8DE6-E7D961BCA161

明日からは平日になるので空いてきます。天気も良さそうなので期待してくださいね!
原田

カテゴリー: アルタヴァルテリーナ, イタリア | コメントをどうぞ

0126マドンナディカンピリオ初日

ボンジョルノ!

マドンナディカンピリオでの新しいツアーが始まりました。
今週は総勢16名様にご参加頂いております。
晴天の初日はチンクエラーギ、プラダラーゴエリアを主にご案内致しました。
今週はガイドがもう一人。マドンナ生まれ、マドンナ育ち一家全員スキーインストラクターというビクターとの2班体制です。

ホテルは設備が充実のサボイアパレスホテル。
P1200237

そのビクターを入れての最初の集合写真
P1200227

こちらは本日の清水班の皆様。とにかく良く晴れてます。
P1200228

ビクター班は午前中イタリアンメセッドのレッスンが主に行われてようです。
午前中の滑走を終えて一息の皆様。
P1200232
P1200233
P1200236
P1200234

こちらはお客様とビクターの2ショット。
P1200235

スキーの後はタウンガイド。街もきらびやかに飾られています。
P1200238
P1200239

ホテルに戻って、皆様の自己紹介タイム。1週間よろしくお願いします。
P1200001
P1200002
P1200003

明日も天気予報は良好です。

清水

カテゴリー: イタリア, マドンナディカンピリオ | コメントをどうぞ

1月19日発 グリンデルワルド 滑走1日目 クライネシャイデック

グリュッサー!

本日は滑走1日目。いい感じの朝の景色です。

IMG_0514

クライネシャイデック・エリアを滑ります。まずはユングフラウ三山をバックに。

IMG_0516

ワールドカップ・ラウバーホルン大会ダウンヒルのスタート地点をバックに。

IMG_0517

三山に向かって!

IMG_0518

そしてアイガー北壁の見えるレストランでランチ。

IMG_0526

IMG_0522

IMG_0523

IMG_0524

メニューはこんな感じです。

IMG_0520

ポーク・シュニッツェルはシンプルですが味は最高です!

IMG_0521

スープはここの定番です。

アイガー北壁をバックに。

IMG_0685

そして、アイガー北壁直下をゆっくり滑りながらブランデックまで。

IMG_0687

IMG_0690

IMG_0530

最後は登山電車でグリンデルワルドまで戻りました。

IMG_0531

皆様お疲れ様でした。

明日は天気もいいのでユングフラウヨッホ観光をします!

田口貴秀

カテゴリー: グリンデルワルト, スイス | コメントをどうぞ