ツェルマット6日目

DSC05310

みなさんこんにちは。

滑走最終日、今日もとってもいい天気。

ずっと寒い日が続いていたのですが、ようやく暖かさが戻ってきました。ゴルナーグラートで0度。足先が冷たくないし、写真を撮る手もちゃんと動きます!

 

DSC05312

せっかくなのでゴルナーグラートの展望台まで頑張って登ってみました!360度の大パノラマ。29座もの4000m峰がずらりと並びます。

DSC05311

スイス最高峰モンテローザ。

 

DSC05315

このようにマッターホルンに向かって滑るコースも。

日本では体験できないようなロ~ングコースを滑れるのもヨーロッパスキーの醍醐味ですね

 

DSC05320

実はこのグループは清水寛之デモのグループ。

ときおりレッスンも混ぜながら滑りました。

 

1週間、おおむね天気にも恵まれ、サースフェーにもチェルビニアにも行くことができ、ツェルマットでの滑走をお楽しみいただけたのでは。

この時期にここまでの広範囲を滑れるのもここならではです。

 

1週間ありがとうございました!またぜひいらしてくださいね♪

 

久田めり

カテゴリー: ツェルマット | コメントをどうぞ

ツェルマット5日目☆チェルビニア

DSC05284

みなさんこんにちは。

今日もいい天気!早速マッターホルングレイシャーパラダイスに行ってきました。3883m、カメラを持つ手がかじかんで動きません。

 

DSC05282

モンブランもくっきり。

DSC05283

昨日いったサースフェーはあっちのほう、と復習。

 

DSC05287

やってきたのはイタリア、チェルビニア!!

 

DSC05288

来てみて温かいなと思っていたのですが、、、雪がすごく少ないですね。

 

DSC05297

せっかくのなのでチェルビニアの街にもおりてみました。

 

DSC05302

イタリアと言ったらパスタでしょう。おいしいパスタをいただきました。ティラミスも絶品でしたね!

 

DSC05307

イタリアとスイスの国境を跨いで記念写真!

 

DSC05309

最後に希望者のみでポール遊びもしました。

 

念願のイタリアに行けて今日も大満足の1日です

 

久田めり

カテゴリー: ツェルマット | コメントをどうぞ

ツェルマット4日目☆サースフェー遠足

DSC05261

みなさんこんにちは。

昨日の予告通り、サースフェーにやってきました!

今日も快晴!ミシャベル山群がお出迎えしてくれました。

 

まだ本格的なシーズン前ということで、アルピンエクスプレスは動いておらず、まずは村はずれから出ているシュピールボーデン行きのゴンドラから。

DSC05258

去年の冬から運行しだしたまだまだ新しいやつです。

そして乗り換えて、フェルスキンへ。

DSC05259

赤いロープウェイで3000mまであがり、そこからはメトロアルピン。地下ケーブルで3500mのミッテルアラリンへ!

 

DSC05260

そこに聳えるはアラリンホルン(4027m)

 

DSC05264

ツェルマットと似ている部分もあり、でも氷河が間近で見られるのはサースフェーならでは。

いつもと違う景観を楽しみ、、、 また標高の高いところは雪質も抜群!

ただ、Tバーリフトしかないんです。。。

 

DSC05266

なんなくクリアしている方もいれば、苦戦されている方も… スノーボードだとより難しそうですね。

 

DSC05271

サースフェーはすでに麓までコースオープンしていました。3500mから1800mまで!ロングコースが楽しめます。

 

DSC05274

ツェルマットよりやや幅も広く、滑りやすいですね!平日なのでコースも空いています。

 

DSC05277

午後はいったん麓近くまで下りて、レングフルー方面へ。

 

DSC05278

レングフルーのチェアリフトから見る氷河は迫力があります!

 

DSC05279

コースのすぐ脇にはクレバスが口を開けています。 本当に氷河上を滑っているのだと実感。。。

 

お天気にも絶景にも恵まれ、サースフェー遠足に大満足です!

 

おまけに、今日の夕食はチーズフォンデュ

DSC05280

ずっと寒い日が続いているので、みんなでワイワイ暖まりました。

 

おまけその2

昨日駅前のツリーが点灯されました。

IMG_3402[1]

どんどんクリスマスに向けて盛り上がっていきますね。

 

久田めり

カテゴリー: ツェルマット | コメントをどうぞ

ツェルマット☆3日目

DSC05245

みなさんこんにちは。

ツェルマット3日目、快晴です!!

 

今日は初日に来たものの曇っていたゴルナーグラート&スネガに行ってきました。

 

DSC05247

個人的にはゴルナーグラートエリアが「これぞツェルマット」という感じがして好きです。日曜日でしたが、思ったほど混雑はなく。。。きっとグレイシャーパラダイス方面は混んでいたのではないかなと思います。

 

DSC05250

ロートホルンでは撮影会。やはりこちらからみるマッターホルンが一番です。

DSC05248

昨日までなかなか見えなかった最高峰モンテローザもくっきり。

 

DSC05252

マッターホルンに向かっていく滑り台が人気でした。

 

スネガエリアの雪はやや硬かったものの、滑れる範囲が少しずつ広がりました。

最後には、標高3100mから2000mまでロングラン

 

DSC05256

マッターホルンの写真ばかりになってしまいました。。。

 

明日はサースフェー遠足の予定です。

 

久田めり

カテゴリー: ツェルマット | コメントをどうぞ

ツェルマット☆2日目

DSC05229

みなさんこんにちは。ツェルマットツアー2日目。

昨晩から今朝にかけてすこーし雪が降りました。朝バス停近くから、うっすらとマッターホルンが見えてきて感動の様子。

 

DSC05231

今日はマッターホルングレイシャーパラダイス方面へ。まずはトロッケナーシュテークから滑走。昨日より視界が良くなりました!寒さは相変わらず、、、ここでマイナス17度くらいでしょうか。

 

DSC05234

まずはフルグザッテルのリフトをあがりました。

金網の向こうにはチェルビニア。どうにかして越えたい、、、スイス側に捕らわれたようです。

 

DSC05235

晴れ間もかなり広がってきて、ヴァイスホルンがきれいです。

トロッケナーシュテークの建物が大きくなったと思いませんか?来冬にはトロッケナーシュテーク~グレイシャーパラダイス(クラインマッターホルン)までの新しいゴンドラが完成します!その乗り場がだいぶ形になってきています。

 

DSC05236

マッターホルンもついにお目見え!!

 

DSC05238

お昼頃にはグレイシャーパラダイスも開きました!3800mはやはり空気が薄いです、、、

 

DSC05239

午後にはこんなに青空になりました。

明日からは晴れの予報です。

 

DSC05242

 

久田めり

カテゴリー: ツェルマット | コメントをどうぞ

ツェルマット☆初滑り

DSC05221

みなさんお久しぶりです!

今年も極寒のツェルマットよりヨーロッパツアースタート!

 

DSC05222

今週はスノーボードのグループがいらしています。

ここゴルナーグラートは今日はマイナス18度…

オープンしたての平日だからかこんなに空いているの?!というくらい空いています。週末は少し混んできそうですね。

 

寒さのため写真を怠ってしまったので、、、数日前のツェルマットの様子。

DSC05210

ツアー後半には晴れてくる予報なので絶景が見たいですね!

 

いまのツェルマットは、ツェルマット側のみオープン。

積雪は多いところで60センチほど。まだ街までは滑り降りられませんが、2200mから上部滑走可能です。

 

DSC05226

 

街はクリスマスらしくなってきました。今週末には駅前広場のクリスマスツリーも点灯されます。

 

雪も欲しいですが、、、寒さが早く和らぎますように。

 

久田めり

カテゴリー: ツェルマット | コメントをどうぞ

オートルート 滑走7日目(最終日) ヴァレーブランシュ

あっという間に滑走最終日を迎えました。今日はヴァレーブランシュ氷河スキーへ。まずは回転式ゴンドラを乗り継ぎ、エルブロンネル展望台へ。

IMG_7103

滑り出す前にモンテビアンコ(モンブラン)をバックに集合写真。

IMG_7111

ここから階段を下り、階段に降り立ちます。

IMG_7117

そして氷河の滑走スタート。前方にはドリュ、エギュヴェルテといったシャモニーの山々が見えています。

IMG_7119

滑走最終日ということで、モンブランを背景に滑りの写真も撮ってきました。硬めの雪ながら皆様の素敵な写真が撮れました。

IMG_7141 IMG_7145 IMG_7151 IMG_7156 IMG_7158 IMG_7164

ヴァレーブランシュは滑りだけでなく、景色も含めて楽しむところ。ジジの案内でこんな迫力のある氷河むき出しの場所も滑ってきました。

IMG_7204

セラック帯をバックに集合写真。

IMG_7221

この後は、モンタンベール登山鉄道の駅までビル10階分くらいの階段がありましたが、オートルートをこなしてきた皆様には楽勝(?)でしたね。

登山鉄道でシャモニーの町まで下った後は、7日間の晴天と案内してくれたジジへの感謝を込めて、頑張って登って滑った充足感を感じながら、皆様で乾杯!

IMG_7231

 

ご参加いただいた皆様、お疲れ様でした&ありがとうございました。またバックカントリーツアーでご一緒しましょう。

レポートを読んでくださった皆様、バックカントリーのフィールドでお待ちしております。いきなりオートルートはムリ!と思われた方、チローラーやモンテローザのツアーから始めて、オートルートを目指してみてはいかがでしょう?スキーの楽しみが広がり、ゲレンデスキーもより楽しくなりますよ。

 

神﨑 裕一

カテゴリー: その他 | コメントをどうぞ

オートルート 滑走6日目 グラシエまでのスキー&ハイキング

今朝は山から湧き上がるようなヒコーキ雲が夜明けの空を演出してくれました。

IMG_7039

まだ月が輝く中、幅広いオッテマ氷河の斜面を滑り出します。

IMG_7051

空が茜色に染まり、とても神秘的な風景の中を滑る事が出来ました。

IMG_7060

今日も皆様快調です。

IMG_7059

氷河を滑り降りた後は、イタリアに向けて最後のハイクアップ。

IMG_7070

谷奥には滑り降りてきたオッテマ氷河が見えています。

IMG_7074

峠でイタリアに入り、麓のグラシエの村を目指してスキースタート。

IMG_7083

徐々に雪が少なくなり、時にはハイキングをしながら村を目指します。

IMG_7088

麓まで来ると花が咲き、マーモットが鳴く、春の雰囲気に包まれていました。

IMG_7093

グラシエに到着後は車でアオスタの町へ。

IMG_7094

ビールで乾杯したあとジジお薦めのシーフードパスタのランチをお楽しみいただきました。

IMG_7096

クールマイユール到着後は久しぶりのシャワーでさっぱりした後、町の散策へ。すっかり春で心地よい陽気です。

IMG_7101

おまけの1枚。スキーブーツしかないので、ホテルでもらったスリッパで街へ。多少人の目が気になりましたが、意外と快適でした(笑

IMG_7100

 

明日はヴァレーブランシュへ行ってきます。

 

神﨑 裕一

カテゴリー: その他 | コメントをどうぞ

オートルート 滑走5日目 ビニェット小屋へ

東の空が白み始めると、マッターホルンの黒いシルエットが浮かび上がります。今日も良い天気になりそうです。

IMG_6891

これから向かうモンコロン、ピンダローラの奥には満月が浮かんでいます。さて、出発です。

IMG_6916

 

昨日登った梯子を慎重に降りていきます。登りよりもさらに高度感があり、すっかり目も覚めました。

 

IMG_6917

朝日に輝きだした山を眺めながら、氷河に向かって滑り降りていきます。

IMG_6923

谷底のアローラ氷河にたどり着いたら、標高3382mレベックのコルまでのハイクアップスタートです。

IMG_6941

後方にはテット・ヴァルペリンや前日に登ったテット・ブランシュが見えてきます。

IMG_6948

コル(峠)に着いたら、ピンダローラに向かってのスキー!ノートラックの斜面を気持ちよく滑っていただけました。

IMG_6965

奥にはグランコンバンも見えています。

IMG_6955

頑張って登った分、滑りもお楽しみください!こちらはこの後、ピンダローダ(3790m)登頂をしたお客様。滑りも登りも強かったです。

IMG_6968

ピンダローダが目の前に近づいてきます。その右下の岩場には本日宿泊のビニェット小屋が。

IMG_6983

こんな場所に建っています。前日の小屋と違い、アクセスするのに梯子はありませんが、小屋周辺から下を見下ろすと、こちらもスリリングです。

IMG_6994

ピンダローダを背に小屋に向かうお客様。あと少しですよ!

IMG_6996

小屋の裏手に出れば、こんな風景が広がっています。午後は景色を眺めたり、ビールを飲んだり、今日ものんびりお過ごしいただきました。

IMG_7001

見事な夕焼けもご覧いただけました。

IMG_7020

 

明日は氷河を滑り、峠を越えてイタリアへ。そろそろシャワーを浴びたい頃です。

 

神﨑 裕一

カテゴリー: その他 | コメントをどうぞ

オートルート 滑走4日目 ベルトール小屋へ

今回のツアーで登りが一番ハードな日を迎えました。昨晩の雲が消え去り、明るくなっていく空にマッターホルンとモンテローザのシルエットが際立ちます。

IMG_6779

まずは板を担いで100m程歩行。そこから氷河に向かって締まった雪を滑り降ります。

IMG_6783

マッターホルンとモンテローザをバックに出発前の1枚。

IMG_6789

氷河までのスキーダウン。早朝の雪は硬いため慎重に進みます。

IMG_6795

マッターホルンに朝日が当たり始め、雲がオレンジ色に染まって行きます。ツェルマットからも美しい朝焼けが見えたことでしょう。

IMG_6801

ダンデランを正面に日が射し始めた氷河をめざし、歩を進めます。日が当たる前がシール歩行には快適です。

IMG_6805

朝日の中、氷河上を進む皆様の陰を撮ってみました。

IMG_6812

時折むき出しになった氷が氷河上に居ることを改めて教えてくれます。

IMG_6822

後方には前日越えてきたアラリンパス方面も見えています。

IMG_6830

シールが雪上を進む音と風の音しかしない、静寂の世界。

IMG_6836

無事にテット・ブランシュ(3707m)に登頂です。マッターホルンをバックに記念写真。裏側はイタリアという国境地帯です。

IMG_6845

ここからはお待ちかねのスキータイム。広大な斜面を滑り降ります。

IMG_6849

当然ではありますが、シール歩行と比べると滑るのはあっという間・・・30分ほど再びシール歩行をしてベルトール小屋(3303m)に到着です。

IMG_6852

↓岩山の上に建つ名物小屋です。新しいハシゴがかけられていましたが、以前よりも高度感が増した気がします。

IMG_6864

こんな感じで小屋への最後の難所です。もちろん不安な方は山岳ガイドのジジがロープで確保しながら登ってくれますが。3000mを超す場所でのハシゴは結構スリリングです。

IMG_6869

小屋に登るとわずかに顔を出すマッターホルン。

IMG_6871

小屋に着いたらまずは、至福の一杯。本日もお疲れ様でした!

IMG_6874

 

午後早い時間に到着するので、山小屋ではのんびりとお過ごしいただけます。

 

神﨑 裕一

カテゴリー: その他 | コメントをどうぞ